ホーム > 事業のご紹介 > 保育サービス講習会のご案内
事業のご紹介

保育サービス講習会のご案内

平成5年度から、一時預かりや子育てひろばなどの保育サービス提供者を養成する「保育サービス講習会」のためのカリキュラムとテキストを提供しています。
本講習の修了生は前年度末で2万7千人を越え、この中から数多くの子育て支援グループが誕生し、なかにはNPO法人を取得したり企業を起こすグループも増えるなど、多くの方々が地域での子育て支援に取り組んでいます。

  保育サービス講習会のご案内

講習会の目的 

地域の中での子育てを支援するため、子育て支援に必要な基本的な知識・技術を習得し、保育サービスを提供できる人材を養成する。

POINT
講習会開催をきっかけに、「子育て支援グループのリーダーの養成」や、「地域の子育て関係者との交流」などを実現し、地域の子育て支援活動をスタートできる「ネットワークづくり」も合わせて行っていくと良いでしょう。

講習会の実施主体

地方公共団体、公益法人、NPO法人、子育てグループ などの団体

講習会の対象者

自宅で子どもを預かり保育する、または子どもの自宅に出向いて保育するなどの保育サービス活動を行いたいと考えている方。

講習会の「カリキュラム」と「テキスト」

【講習会カリキュラム】
・保育の心
・小児看護の基礎知識
・安全・事故  他(計24時間)

【講習会テキスト】
保育の心、心の発達と保育者のかかわり、障害のある子の預かりについてなど、幅広い内容を掲載し、保育サービス提供者の方々の必読書です。

<特徴>

(1)小児科専門医 大正大学名誉教 中村敬先生の監修による保育サービス提供者向けテキスト本です。
現在の子育て事情から保育者の心得、事故防止対策まで、保育サービス提供者を育成するために必要な内容をすべて掲載しています。
(2)講習で押さえるべき内容を、わかりやすくまとめた「講習のポイント」を巻末に追加しました。
(3)講習会修了生の方々が、実際の活動にすぐに生かせるわかりやすい内容です。

<目次>

第1章  保育の心
第2章  心の発達と保育者のかかわり
第3章  障害のある子の預かりについて
第4章  身体の発達と病気
第5章  小児看護の基礎知識
第6章  事故による子どもの障害−実態、予防、応急処置−
第7章  子どもの生活へのケアーと援助
第8章  子どもの遊び
第9章  子どもの栄養と食生活
第10章  子育て支援サービスを提供するために

価格 2,571円
(税込・送料サービス)

このテキストを使い、規定カリキュラム(9項目24時間)で講習を実施すると、協会認定の修了証を授与いたします!

講習会開催の流れ

手順「修了証」が
必要な場合
「修了証」が
不要な場合
1講習会実施団体は、講習会の開催を検討する。
2講習会実施団体は、講習会のカリキュラムを決定する。
3講習会実施団体は、協会に講習会のカリキュラム承認の申請をする。
4講習会実施団体は、講習会のテキストを購入する。
5講習会実施団体は、講習会を開催する。

※修了証を授与するためには、講習会開催案内(カリキュラム)の事前審査が必要です。

保育サービス講習会を修了したみなさんによる子育て支援活動

「保育サービス講習会」修了生は、様々な活動の場で活躍しています。また、修了生が中心となり、各地域の子育て支援グループも多く誕生しています。

特定非営利活動法人 子育てネットワーク・ピッコロ

URL:http://www.piccolonet.org/

特定非営利活動法人 保育サービス ひまわりママ

URL:http://himawarimama.org/

NPO法人 保育サポート あいあい

URL:http://www2.kct.ne.jp/~aiai2002/

保育サービス講習会に関して、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

修了生によるグループ・団体向けの保険について

この保育サービス講習会を修了した修了生のグループ・団体が活動する場合に加入できる補償保険があります。

お問い合わせ