ホーム > 会長あいさつ
女性労働協会のご案内

会長あいさつ

財団法人女性労働協会会長 鹿嶋 敬  働く女性が抱えるさまざまな問題に寄り添い、支える。一般財団法人女性労働協会は、発足以来、この目標に向かって歩んできました。そして現在もそのために多様な事業を展開しています。
 男女平等を掲げた日本国憲法ができて70余年が過ぎ、職場での男女平等を目指す男女雇用機会均等法が成立して35年がたちました。果たして働く女性たちは自由に生き生きと職場で能力を発揮できているでしょうか。高度経済成長期に急増した専業主婦家庭は少数派となり、結婚・出産後も働き続ける女性が主流になっています。にもかかわらず夫が外で働き、妻が家庭で家事・育児を担うという性別役割分担意識は根強く、日本は先進国の中で女性活躍は大きく遅れをとっています。少子高齢化が進む社会で活力を維持し、豊かで幸せな生活を実現するには女性の力が欠かせません。
 協会では今年度もファミリーサポートネットワーク事業として、地域の子育てを応援するファミリー・サポート・センターの活動を支援します。活動の調整役であるアドバイザーや自治体関係者からの相談対応と情報提供に加え、活動のための講習会の開催、手引き書の発行や活動実態の調査も行います。働く女性の健康管理のために、女性労働者や事業者に向けた専用サイト「女性にやさしい職場づくりナビ」の運営やメール相談への対応、さらに全国の女性関連施設への講師派遣など幅広い事業に取り組みます。女性の就業を支援するための情報提供にも力を入れ、「働く女性の健康応援サイト」の開設も予定しています。
 新型コロナウイルスによる感染が世界に広がり、社会・経済も私たちの生活もこれまでに経験したことのない困難に直面しています。こんな時だからこそ、新しい社会の実現に向けて思い切った一歩を踏み出さなければなりません。改革の大きな役割を担うのは女性の力です。私ども職員一同は、そんな女性たちをサポートし、バックアップするために全力を尽くします。当協会の活動にご理解、ご関心をお持ちいただき、ご支援を賜りますようお願いいたします。

令和2年7月1日
一般財団法人女性労働協会会長 岩田 三代