ホーム > 出版物のご案内 書籍
女性労働協会のご案内

出版物のご案内

女性労働協会では、「書籍」「パソコンソフト」「DVD」を出版しております。

○ご注文方法

出版物のご注文は、FAXまたはメールでお願いします。

書籍

育児サポート3
価格 2,571円
(税込・送料サービス)

「育児サポート3」

保育の心、心の発達と保育者のかかわり、障害のある子の預かりについてなど、幅広い内容を掲載し、保育サービス提供者の方々の必読書です。

【目次】
保育の心
心の発達と保育者のかかわり
障害のある子の預かりについて
身体の発達と病気
小児看護の基礎知識
事故による子どもの障害−実態、予防、応急処置−
子どもの生活へのケアーと援助
子どもの遊び
子どもの栄養と食生活
子育て支援サービスを提供するために

購入申込書(PDF:888KB)

ファミリー・サポート・センター 設立と運営の手引き
価格 5,400円
(税込・送料サービス)

「ファミリー・サポート・センター 設立と運営の手引き」

ファミリー・サポート・センターの設立から運営までを分かりやすく掲載し、アドバイザーの方々の必読書です。

【主な内容】
ファミリー・サポート・センターの必要性
ファミリー・サポート・センターの仕組みと設立と運営
Q&A 様式集(モデル会則・安全チェックリストなど) 付属資料

購入申込書(PDF:767KB)

Support NET(全国ファミリー・サポート・センター一覧)
価格 2,160円
(税込・送料サービス)

「Support NET(全国ファミリー・サポート・センター一覧)」

「平成26年度保育緊急確保事業費補助金」の交付対象事業となったファミリー・サポート・センター769箇所のほか、平成28年度から新規に事業を開始したファミリー・サポート・センター並びに会員間の相互援助活動事業として自治体等が独自に実施している子育て支援事業の活動拠点のうち、女性労働協会において把握している計953箇所を掲載しています。

【主な内容】
都道府県、市町村名
病児・緊急対応強化事業実施の有無
センター名、所在地、電話番号、FAX番号
所管課、運営方法、事業開始年度
報酬(1)基本料金(2)病児(病児・緊急対応強化事業実施の場合のみ)
援助対象児

※「事業開始年度」「援助対象児」以外の情報は、女性労働協会ホームページからもご覧いただけます。
【サポートセンター検索】:http://www.jaaww.or.jp/research/

ファミリー・サポート・センター事業における事故防止および事故発生時の対応のための手引き
価格 1,080円
(税込・送料サービス)

「ファミリー・サポート・センター事業における事故防止および事故発生時の対応のための手引き」

内閣府、文部科学省、厚生労働省より平成28年3月に公表された「教育・保育施設等における事故防止および事故発生時の対応のためのガイドライン【事故防止のための取組み】〜施設・事業者向け〜」のファミリー・サポート・センター事業版解説書です。事故防止および事故発生時の体制整備にお役立てください。

【主な内容】
ガイドラインを読み解くに当たって
事故の発生防止(予防)のための取り組み
事故の再発防止のための取り組み
付属資料(厚労省発出の通知等)

購入申込書(PDF:266KB)

「セクハラはこうして行われる〜裁判例から見たセクハラの姿〜」
価格  1,500円
(税込・送料サービス)

「セクハラはこうして行われる〜裁判例から見たセクハラの姿〜」

実際にあったセクハラ裁判の35事例を紹介しながら、セクハラ事件の発生する背景や、被害者、加害者、使用者(企業)それぞれの対応が、どのように裁判の判決に関係していくかストーリー仕立てでリアルに描く、全く新しいスタイルのセクハラ解説書です。

キャンパス・セクハラ―そのとき、学内で何が起きたのか〜裁判例から見たセクハラの姿(キャンパス編)
価格 1,500円
(税込・送料サービス)

「キャンパス・セクハラ―そのとき、学内で何が起きたのか〜裁判例から見たセクハラの姿(キャンパス編)」

「セクハラはこうして行われる〜裁判例から見たセクハラの姿」のシリーズ第2作。
本書では、企業と比較してセクハラ問題が深刻であり、かつ、裁判となる事件数が多い大学を舞台に起きたセクハラの関する裁判例を取り上げ、事件の経過を丁寧にたどりキャンパス・セクハラにおける問題点を浮き彫りにします。主人公館野未来(たてのみき)の活躍が光る読み応えある一冊。本気でセクハラ撲滅を考える大学をはじめ教育機関のセクハラ担当者の方に。

「パワハラはこうして行われる〜裁判例から見たパワハラの姿〜」
価格  1,500円
(税込・送料サービス)

「パワハラはこうして行われる〜裁判例から見たパワハラの姿〜」

「セクハラはこうして行われる〜裁判例から見たセクハラの姿」のシリーズ第3作。
本書では、最近、様々な職場において顕著に増えている仕事の場でのいじめ、「パワー・ハラスメント」をテーマに、典型的な36のパワハラに関する裁判例を類型化。裁判での争点をわかりやすく解説し、企業における適切なパワハラ防止策を提示します。パワハラ裁判をめぐる最新の動向や参考情報も充実、これからの人事・労務担当者の必携の一冊です。